top of page

マウンテンバイクを安価にする6つの方法

マウンテンバイクは安いスポーツではありません。実際、あなたが自転車に費やすことができる金額は、ほとんど滑稽です。そして、バイクはほんの始まりに過ぎません。衣類、保護、ツール、スペア、修理、その他があります。モーターレースや高額なギャンブルなど、もっと安上がりな趣味に切り替えるには十分な額だ。


しかし、賢く利用することで、現金を大幅に節約する方法があります。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

重量を気にしない 中級機と最高級機の主な違いは、その重量です。しかし、現実的には、追加費用のほとんどは、カーボンファイバーやより精密に加工されたコンポーネントに費やされ、多少の軽量化が図られているのです。一般的に、アルミフレームと主力部品を使用したバイクは、カーボンフレームとフラッグシップ部品を使用したトップモデルのバイクよりも1kgほど重くなります。


しかし、登りでは驚くほど差が出ませんし、下りでは全く問題になりません。登りでは、急なシートアングル、効率的なサスペンション設計、適度に高速で回転するタイヤが重要です。これらの特徴は、1kg程度の軽量化よりも重要であり、必ずしも価格に上乗せされるものではありません。

バイクのコレクションは必要ありません 私たちは皆、あらゆる状況に対応できるようなバイクを揃えたいと願っています。しかし、XC、スロープスタイル、ダウンヒルの競技を定期的に行っているのでなければ、本当に必要なのは1台のバイクだけなのです。最近のトレイルバイクやエンデューロバイクは、上り坂も下り坂も非常に高性能で、1台のバイクでほとんど何でもこなせるのです。


最近のテストでは、170/180mmトラベルの「スーパーエンデューロ」バイクは、同じタイヤを履いている限り、短いトラベルのトレイルバイクよりも上り坂が遅くないことが分かりました。同時に、短いトラベルのバイクは、下り坂でついていくのに苦労することもなかった。つまり、タイヤが適切であれば、130mmから170mmトラベルの最近のバイクは、ほとんどのタイプのライディングに対応できるのです。1台のバイクに状況に合わせてスペアタイヤ(または2台目のホイールセット)を用意すれば、ほとんどのタイプのライドで不利になることはないはずです

自分のバイクのメンテナンスの仕方を学ぶ. 乗り始めたばかりの頃は、何かあるたびにバイクをショップに持っていきたくなるものです。しかし、自分で修理できるようになれば、長い目で見ればお金の節約になります。 また、森の中でバイクを修理するのに必要なスキルも身につきます。 自分で修理するたびに新しい発見があり、いつかはフォークを分解して汚れを落とし、また組み立てるのが楽しくなるかもしれません。


最近では、ちょっとしたメンテナンスも自分でできる方法をネットで簡単に見つけることができます。

予防保全の徹底 ドライブトレインを常に清潔に保ち、潤滑油をたっぷり塗布しておけば、より長持ちし、貴重なワット数をより多く後輪に伝えることができます。念入りに脱脂しなくても、再潤滑の前に古い雑巾で汚れを拭き取るだけで、ずいぶん違ってきます。


スポークの張りは定期的にチェックし、緩む前に調整しましょう。また、数回乗るごとに、すべてのボルトが締まっているかどうかを確認しましょう。サスペンションの整備間隔にも気を配りましょう。フォークやショックは少なくとも年に1回、よく乗る人ならもっと頻繁に点検が必要です。一度覚えてしまえば、それほど難しいことではありませんし、パフォーマンスを劇的に向上させ、高価なダメージを防ぐことができます。


チェーンが "伸びすぎる "前に交換しましょう。 ここで、古典的なヒントを紹介しましょう。チェーンが摩耗すると、素材が実際に伸びるのではなく、ブッシュとピンが変化するため、わずかに長くなります。チェーンが伸びすぎると、カセットやチェーンリングの歯がどんどん磨耗していきます。これを避けるために、通常、チェーンは0.5%伸びる前に交換することをお勧めします。


1組のチェーンリンクは1インチぴったりでなければなりません。チェーン摩耗チェッカーツールを使うか、チェーンのピンから12インチを測り、12インチのマークに最も近いピンがそのマークから1/16インチ以上外れていれば、新しいチェーンの交換時期です。この時点でチェーンを交換すれば、カセットとチェーンリングは2~3回分使えるはずです。あまり長く待つと、新しいチェーンがカセットとチェーンリングの上を飛び回ってしまうので、それらも交換する必要があります。


さらに、スチール製のチェーンリングを購入するのもおすすめです。コストが安く、長持ちし、重量のペナルティはごくわずかです。

中古品の購入を検討する 中古品の購入は地雷原である可能性がありますが、よく調べれば大きな節約になる可能性があります。自転車のデザインにおける真の革新と改善のスピードは遅くなっているので、数年前の自転車が最新モデルより性能が劣ることはおそらくありません - 状態が良ければの話ですが。


お金を出す前に、可能であれば実際に自転車をよく見ておくとよいでしょう。ドライブトレインやブレーキパッドが古くなっているのは当然ですが、フレームやサスペンション部品が損傷しているのは大きな赤信号です。

閲覧数:677回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page