top of page

MTB産業の不安定な未来


2019年

COVID-19は2019年末に始まりました。人々は突然、肥満がCovid 19の致死性の要因の一つであるという証拠に興味を持ち始めました。社会的距離が助言され、オフィス勤務者は自宅でのリモートワークに送られました。人々はトイレットペーパーや他の人から遠く離れた屋外での活動を求めて大慌てでした。

世界中の政府はパンデミックを乗り切るために人々にお金を配り始めました。

2020年 - 2021年 無料のお金やったー!何を買おう?自転車!

自転車とマウンテンバイクの売り上げが急増し始めます! 2020年から2021年にかけて、自転車への需要が急増しました。しかし、ハイエンドのマウンテンバイクメーカーには問題があります。ほとんどのカーボンフレームは中国で製造されており、中国はCovidのロックダウン中です。完全なマウンテンバイクを組み立てるために必要なコンポーネントにも同様の問題が発生します。需要の増加と供給の制限は1つのことを意味します。自転車の価格が上昇し、メーカーの利益率も上昇します。大規模な小売自転車チェーンやさらに大きなオンラインストアは、より多くの製品を要求します。自転車の売り上げブームに終わりが見えないため、彼らはできるだけ多くの自転車をバックオーダーしています。何が悪いか、お金がワインのように流れている、時代は素晴らしい、コカインを出してしまおう!

2021年-2022年 ロックダウンが解除され、工場は今や24時間体制で自転車と部品を製造しています。需要の増加に対応しようと新しい工場が建設されています。新しく建てられた倉庫は、出荷の準備が整った自転車の箱で満たされ始めます。ついに、自転車店やオンラインストアはバックオーダーしている自転車を手に入れることができます。すべてがうまくいっています、何もうまくいかないでしょう。このブームは永遠に続くでしょう。

2022年-2023年 売り上げのブームがバブルであることが判明し、バブルが弾けました。世界中でインフレが発生しています。日常品の価格が上昇するとともに、多くの国が金利を引き上げることを決定しました。ローン、クレジット、貯蓄口座の金利がすべて上昇します。(円の価値が下がった一因も)住宅ローンや家賃が増加します。自分の地元の自転車店にバックオーダーしていた自転車をキャンセルするために電話をかけました。家賃が1か月800ドル上がったため、それを支払う余裕がありません。しかし、自転車が本当に欲しかった人々は、自転車を購入しました。しかし、自転車メーカーは今や、未販売またはキャンセルされた在庫でたくさん座っています。自転車店は自転車で溢れており、キャンセルできるものはすべてキャンセルします。

2023年 - 2024年 サマーセール、ハロウィンセール、ブラックフライデーセール、ウィンターセール。毎週、すべての自転車会社のマーケティングスタッフは、セールの新しいクリエイティブな名前を考えなければなりません。ただ一つ小さな問題がありますが、他のすべてのブランドもセールを行っています。債権者は自転車会社がローンを返済するのを待っており、多くの自転車会社が現金不足になっていますが、彼らはたくさんの自転車を持っています。 ドミノが倒れ始めました。 残念ながら、自転車店、自転車ディストリビューター、オンラインストア、自転車メーカーは苦境にあります。以下は、それらのいくつかに関するニュースです。

CRC/Wiggle 巨大なオンラインストアチェーンリアクションサイクル/Wiggleは財政管理に入りました。彼らは英国外への発送を停止し、破産した会社を買い取る人を探しています。彼らはまた、Vitus、Ragley、Nukeproofというブランドを所有しています。 Guerilla Gravity ゲリラグラビティ ゲリラグラビティは、米国でプロプライエタリーな電気カーボン接着剤を使用してカーボンフレームを製造していました。ゲリラグラビティは閉鎖され、彼らの製造機械が売却されました。



JOYSTICK MTB COMPONENTS ジョイスティックコンポーネント ジョイスティックコンポーネントについてはあまり知られていませんが、この会社はソーシャルメディアで1年以上活動していません。彼らは終了したようです。


KONA BIKES コナバイクス コナは2022年にケントアウトドアという大手のアウトドア会社に買収されました。現在、Konaは公式ウェブサイトで1台の自転車を購入するともう1台プレゼントするセールを行っています。在庫を倍にする素晴らしい方法ですが、それで生き残れるでしょうか? PON INDUSTRIES. PON INDUSTRIES. Ponは多くの自転車ブランドを所有する大手ノルウェー企業です。 (Cannondale、Charge、Cervélo、GT Bicycles、Juliana、Mongoose、OneUp Components、Santa Cruz、Schwinn) Ponは非公開会社なので、財務情報は公開されていません。 彼らが所有する自転車ブランドのほとんどがオンラインセールを行っていることがわかっており、それは、いくつかの売上の弱いブランドを売却または閉鎖し、主要なブランドに焦点を当てる可能性があることを示唆しています。 TREKALIZED トレックアライズド GMBNの最近のYouTube動画では、大手のMTBブランドが現在、未販売の在庫で10億ポンド(¥187,693,319,400)を持っていると言及しています。ビデオのコメントによれば、それはTrekかもしれません。それは膨大な数字ですが、それがどのブランドであっても生き残れることを願っています。 Eminent Cycles .エミネントサイクルズ。 カーボンMTBとEMTBの製造業者であるエミネントサイクルズは、第11章の倒産を申請し、残りの資産をオークションで売却しました。 ORANGE BIKES オレンジバイクス オレンジバイクスは、管理者がビジネスとその資産の迅速な売却を探している間、取引を停止したようです。彼らが会社の負債を支払うために残された資産が売却されることを願っています。 SCOTT BIKES

スコットバイクス スイスのアパレルブランドYoungone Corp.は、2015年にScott Sportsの過半数の株を取得した韓国企業です。Youngoneは、2023年末に4.6%のローンという形で投資したと述べた。 "SCOTT SPORTS SAは、このローンを企業の運転資金に使用する予定です。

将来はどうなるでしょうか?

残念ながら、今年はさらに多くの自転車会社が倒産することが予想されます。多くのブランドがコスト削減を図り、レースチームをキャンセルすることにした大きな問題は、多くのブランドが現在のモデルを単に新しい色の現行モデルとして提供するか、大きなアップグレードがSram UDHディレイラーハンガーである新しいモデルの自転車を提供することです。成長やイノベーションの余地がないため、多くのブランドは顧客が同じ古いフレームを新しいブルーやグリーンで提供されても、完全な小売価格を支払うことを期待しています。これらのブランドの未来は、大手ブランドが在庫を処分するために引き続き割引を提供する一方で、顧客が自転車に完全な価格を支払うことにかかっています。幸運を祈りますが、より良い時代が来ることを願っています。



閲覧数:731回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page